クリスマスホーリーの種とり

クリスマスホーリーをふやそうと挿し木を何度か挑戦したけれどつかないので、種播きで増やせるかどうか挑戦してみることに・・・
ヒヨドリに食べられないうちに実から種を採ることにしました。

画像

実は、果肉を取り除き、種だけにして、きれいに水洗いします。
実1個に4つぐらい種が入っています。

とれた種は、湿らせたキッチンペーパーに包んで、チャックつきのビニール袋に入れ、冷蔵庫のチルド室で保存しました(1月6日)

画像


休眠させた後、室内の日当たりのよい場所で種まきします。2月に入ってから種まき予定です。立春の日がいいかな~?

この方法で発芽させる方法を休眠打破と言うようです。
私の場合、日数などいい加減ですが・・・

休眠打破とは?
『植物は開花・結実、球根形成などが終わると、生育活動が停止するか停止に近いほどに弱まるが、時期がくると再び活動を始めるものがある。このような活動の一時的な休止を休眠という。一方、活動を自然の再開に任せず人為的に低温環境に晒すとか、一度高温環境に置いた後に低温に晒すなどの手段で活動再開を促すことを休眠打破という。 球根や種子での休眠も多く、ホウレンソウなどは高温で休眠を打破する。』


この記事へのコメント

あおいとり
2019年01月05日 18:41
ちゃわさんへ
2018年になった実は、今日まだ残っているか確認したら一つ残らず食べられていました。一年後になるけれど、種採りしてまいてまいてみます。挿し木もしてみますね。