あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アイビーマーガレット開花 (6番目チューリップ)

<<   作成日時 : 2007/04/27 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

爽やかな晴天  の一日
明るい日差しを浴びてようやく開いたアイビーマーガレット

画像

花びらが揃わずに開花、やさしい黄色の花が咲きました。

画像

手前 チオノドクサ・ルシリエアルバ(ユリ科)球根 一般的にはブルーが多いようです。
真ん中 宿根ネメシア(ゴマノハグサ科)アフリカ原産
後方 マーガレット(キク科)

画像

「チオノドクサ」名前に惹かれて買って植えた小さな球根です。3つの鉢の寄せ植えの中に植えつけ一番最後に咲いたのがこれです。

画像

6番目チューリップ、スプレー咲きのワイスベルリナー いよいよチューリップも終わりに近づいてきました。
チューリップが終わると待ちかねたバラです。白のモッコウバラは3分咲き、アーチに誘引したモッコウバラには蕾が少なく、新枝の伸び具合から、冬に反対側に植え替えなければならないようです。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも素敵な花の写真に、丹精込めておられるんだなーと感心します。
チオノドクサと言う花はじめて見ました。白い花が好きなので、なんだか惹かれます。ユリ科なんですね。
もりもり
2007/04/28 08:26
わー、アーチにしっかりとこんもりと育ってきましたね。やっぱり大きくなるバラは勢いが違いますね。バラに竹酢液を試してるのですね。効きの程も今度レポートしてください〜。私は、全体に薬剤散布、それでもウドンコ病の白い部分は残って見苦しいので、部分的にウエットティッシュなどで拭いています。結構多くて大変なんですよね。
Bee
2007/04/28 12:50
もりもりさんへ
お褒めの言葉ありがとうございます。
チオノドクサは、10cmぐらいの丈の小さな花で、チオノド草ではなく、チオノ(雪)+ドクサ(栄光)で、”雪の誉れ”という意味だそうです。
私も白い花が好きです。
あおいとり
2007/04/29 02:15
Beeさんへ
モッコウバラはアーチでは、かなり、剪定を上手にしないとアーチを飲み込んでしまうぐらいの勢いのあるバラです。鉢植えなら勢いを抑えられるかもしれませんが・・・今数本挿し木をしています。Beeさんも育ててみませんか?
竹酢液は人の皮膚病などにお風呂に入れて使い、花粉症にも薄めて鼻にスプレーするとアレルギーがよくなる効果があるようです。土壌を活性化させる働きがあるとのことなので、葉にも使ってみることにしました。
あおいとり
2007/04/29 02:27
アイビーマーガレット開花 (6番目チューリップ) あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる