あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹岡ラーメンと嵯峨山

<<   作成日時 : 2006/12/26 14:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今日は寒い雨降り
ここ数年誕生日は、用事を入れないで、山や海に出かけて過ごしています。
今年は、もう何度も登っている、内房保田から鴨川に抜ける長狭街道沿いにある、「日本一の水仙の里」で有名な、嵯峨山に登ってきました。
国道127号をひた走り、途中「竹岡らーめん」元祖本家本元の「梅の家」でチャーシュー麺を食べた。長女のおねえが公休を取り付きあってくれ、ラーメンをご馳走してくれたのでした。「お母さん、生ビールもいいよ、運転替わってあげるから」との言葉にちょっと控えめにそれじゃあ「うめわり」と梅酒の水割りをいただきました。

画像

知る人ぞ知る、有名な、竹岡式ラーメン「梅の家」久しぶりにいただき満足でした。
千葉に引っ越してきて、初めてこの濃いしょうゆ色のラーメンを見たときにはびっくりでしたがなれると病み付きになる味です。今回はやくみ(たまねぎのみじん切り)は注文せずいただきました。なんと、9枚の厚切りチャーシューがのって、お値段600円です。安い!!煮込んだチャーシューは、やわらか過ぎずほどよい硬さ。

画像

開店から一日こんな感じで、外で待つお客さんでにぎわっています。

画像

竹岡から更に国道を館山方面に南下、保田から、長狭街道の途中に登山口「小保田」はあります。

画像

あたり一面水仙畑で、よい香りに包まれながら登ります。行程約2時間です。途中雨が振り出し少しやむのを待ちましたが、ひどい降りではないので、登ることに。

画像


画像

日本水仙が頂上付近まで咲き始め、頂上まではひたすらのぼりがつづきます、
315.49mの頂上には三角点があり、ここからは晴天のときには東京湾を挟んで富士山も眺められます。

画像

山で見たマンリョウ

画像

アセビのつぼみもたくさんついていました

ひとつ年を重ねましたが、昨年の誕生日のころより体調もよく、よい汗を流した一日でした。

朝から帰郷する親戚を駅まで送り、その足でいつものHCへ。植木鉢と花苗をまた買ってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
良いお誕生日でしたね。美味しそうなチャーシューメン、それに600円は嬉しいお値段!
一面の日本スイセンが咲いていて、こちらにも良い香りが漂ってきそうです。

げこ
2006/12/26 19:26
お誕生日だったのですね。
娘さんとのドライブ、いいなー。それに¥600であのチャーシュー、すごいですね。水仙もほんとうに早く咲くのですね。春を感じます。
もりもり
2006/12/26 22:05
お誕生日、やさしいお嬢さんと楽しいドライブ、良かったですね。
有名なラーメン、おいしかったでしょうね。
水仙畑、すごいですね〜。
いい香りがしたでしょう?
山登り、あおいとりさんはいつも健康的な生活をされているのですね。
みー
2006/12/26 23:59
げこさんへ
ちょっと、カロリーを気にしないこともなかったのですが、後で歩くからと食べちゃいました。
一月になると、水仙祭りもあるようです。水仙は花季が長いので、その間多くの観光客でにぎわいます。
あおいとり
2006/12/27 08:26
もりもりさんへ
海を見ながらのドライブは、いいですよ〜。房総半島は、先日行った天草と雰囲気が似ています。水仙をはじめ、菜の花、キンセンカ、ポピーなども咲き始め、キダチアロエの大株に咲いた花もいたるところで目にしました。一足先に春がやってきてるようでした。
あおいとり
2006/12/27 08:34
みーさんへ
自然のなかにいると、本当に癒されます。
山登りといっても、ハイキング程度なので、それでも、年を重ねるごとに、体力の衰えを感じています。
あおいとり
2006/12/27 08:47
夕方にみる、このラーメンは目に毒です!おなかすいたなぁ…。房総半島って遊びどころ満載ですね。日本スイセンのこんなすばらしいところがあるなんて知りませんでした。行きなれている場所なのに・・・。
仕事やその他諸事情の為、現在は東京に暮らしていますが、出来ることならすぐにでもどこかへ移住したいです。終の棲家について、だんなさんとたまに話したりしますが、この間ボソッと「房総もいいな」ともらしていました(笑)。あおいとりさんのページはほんと「その気」にさせます(笑)。
Bee
2006/12/27 17:30
Beeさんへ
泣く泣く住むことになった千葉ですが、今ではすっかり、千葉県人、房総の自然と風土は誇れるものだと思います。
都心から気軽にこれて、一年中、いつ来てもよいところです。
また、ほかにもいろいろ紹介しなきゃと思っています。
あおいとり
2006/12/28 09:44
竹岡ラーメンと嵯峨山 あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる