あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 庭作業の途中で・・・

<<   作成日時 : 2006/09/20 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今頃、オオデマリ(スイカヅラ科)が。
画像

花芽ができていると思ったら、もうこんなに咲いてきました。暑かったり急に気温が下がったりで、春と条件が同じなのでしょうか。季節外れに見られて嬉しいですが・・・

家族を送り出しカメラを手に庭へ水遣り、バラの鉢が乾いている。
今日のバラさんたちは元気かな?アブラハム・ダービーの二つめの花が開花、いい感じ・・・
黄色いミニバラも元気に開いた。アイスバーグは、たくさんの蕾がついていて、今日もいるかな?白い花びらの間に小さなクモが一昨日から移動せずいるのです。
挿し木でついたミニバラは急にお天気になり、陽差しが強すぎるのかどことなく元気がない。それもそのはずだよね、長い間ほんの少ししか陽の当たらない所で過ごしたんだもの。あまりの明るさに戸惑っているんだよね。早く慣れてほしいな・・・雨のあと、ピエール・ド・ロンサールはまた新しいシュートを伸ばして、私を嬉しくさせてくれる。ツルバラは横に這わせたほうがいいんだよね。パイナップルセージの枝を借りて、横に這う様にしならせました。早く支柱を立ててあげなければ、来春の庭をイメージして嬉しくなるのでした。

画像

アイスバーグにじっと止まっているクモ・・・クモはとても興味をひく生き物です。(ちなみに私は、スパイダーマンが好きで、来春公開される『スパイダーマン3』を楽しみにしているだ!!)
「バラの病気と害虫」のサイトで、害虫駆除に天敵利用というのがあることを知りました。なるほどね!

「自然や環境にやさしい庭づくりをめざす方たちの間で、庭つくりにこの天敵利用の考えを取り入れようとされる方が増えています。
庭でよく見かける天敵は、クモ類、てんとう虫(アブラムシの天敵)、クサカゲロウ(アブラムシ、ハダニの天敵)などです。
クモ類はアミをかけたり毒をもつため嫌われがちですが、環境にやさしい園芸をめざす方はクモは庭の友であると念じ、好きにならないまでも見つけ次第捕殺してしまうことはやめるよう努力しましょう。」とありました。

画像

よく育ち、春から小さな花が咲き続けているチェリーセージを植えている鉢が小さくなり、地植えすることに。植え終わり、枝を整理しているとやってきたのは、先日撮り損ねたオオスカシバ
(スズメガ科)蛾とはとても思えない姿をしています。子供の頃は刺さない蜂だと思っていました。

画像

ハチトラップの中に舞い込んだヒメジャノメ(タテハチョウ科)
蜂刺され以後、庭にたくさんの蜂がいるので、蜂刺されを回避するために、タマムシをUPしたときにあそびに来てくれたAprilfools さんの館山野鳥の森のHPのブログで見たハチトラップを真似て作ってみたのですが、最近になって、スズメバチ(大きくてびっくり)も中に入ったようです。においにひきつけられて間違ってはいったようです。菜ばしを台所から持ってきて、蝶の羽をつまんで出そうとするのですが、うまくいきません。中で蝶が暴れるので、液体の中に落ちては大変だと、そっと繰り返しましたがうまくつかめません。そうこうしていると、蝶のほうで菜ばしの先に止まったのでトラップから引き抜いてやっと外に出すことができました。ホッとしました。
◎ハチトラップ(蜂を捕まえるためのわな)作り方あおいとり流・・・500mlのペットボトルのなかに、料理酒1、みりん1の割合でまぜたものを下から3cmぐらい入れて、口のところにビニール紐をつけモッコウバラの枝につるしただけです。作り方はとても簡単です。

画像

ユリオプスデージーの大鉢の下から生えていたキノコ…名前はもちろんわかりませ。

チェリーセージの植え替え後、その場所においてあった、ワイヤープランツも、空いた鉢に植え替え、チューリップ用の鉢が確保できました。今年はどんなチューリップを植えようかな・・・
来春に向けての庭造りにも夢は広がります。
外は今日も暑そうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オオスカシバ、相変わらず立派ですね〜(笑)。うちはクチナシの新芽がコヤツの幼虫にごっそりとやられました。食べてる音がするんですよ!今年、成虫を始めてみたんですが、巨大なハチかとおもって、家の中に逃げ込みました。
今日は東京も真っ青な空で快晴です〜。
Bee
URL
2006/09/20 15:10
Beeさんへ
飛んでる姿はハチドリに似ていますよね。また色はメジロに似てるし、蛾ではなく、蜂でもなく鳥になり損なった蛾かもしれませんね。幼虫は、クチナシが好きなんですね。我が家にも花の咲かないクチナシがあるので注意ですね。
椿につくチャドクガの幼虫が葉にびっしりくっついて、食む音を聞いたことがあります。
あおいとり
2006/09/20 17:47
オオスカシバだ。
こんなすばしっこいもの、よく撮影できましたね〜。
すごいですよ。
不思議な蛾ですよね。
まるでハチ鳥のようですもんね。

蜘蛛はうちに腐るほどいて、相変わらず網にひっかかってますよ〜。
駆除はしませんけど、かといって保護しているわけでもなく。
ほんとは、ほどほどの数がいればいいんですけどね〜。(−−;)
好きで保護してるカマキリはネコの餌食になって数が減ってるみたいだし、天敵利用のガーデニングは思うようにいきません。
難しいですね〜。
おばちゃん
URL
2006/09/20 20:20
おばちゃんさんへ
写真は4枚写したものの中の一枚です。チェリーセージの花がたくさん咲いているので、その中をしばらく蜜を吸っていたので比較的写しやすかったですよ、他の2枚のほうがシャープに取れていましたが、角度がよくなかったのでこの写真にしました。
おばちゃんちのブログにもクモの巣に引っかかるってこと書かれていましたね。家にはカマキリは少ないですが、以前住んでいたところでは、猫がよく捕まえてきていました。
あおいとり
2006/09/21 06:47
庭作業の途中で・・・ あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる