あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳高原ラインから清里へ

<<   作成日時 : 2006/08/06 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

八ヶ岳倶楽部ではゆっくりしたかったのですが、次の予定地に。ショップの中では、撮影は控えました。また近いうちに、パッチワークの先生や、友人を誘ってこようと思いました。みんなきっと好きになることは間違いありません。また今月、19、20日には、昼夜2回(合計4回)サンクスコンサートが開催されるようです。詳しくは公式ホームページを御覧下さい。
http://www.yatsugatake-club.com/

画像

写真では、聳え立つ赤岳(八ヶ岳、右から二つ目のピーク)が小さく写っていますが、肉眼では堂々とその威容を誇ってみえました。八ヶ岳連峰は、硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳、編笠山、西岳と八つのピークがつらなっており、その最高峰を八ヶ岳(赤岳)と呼ぶようです。私達のいる山梨県側はなだらかな南面に裾野が広がっており、北側の長野県側は岩壁となって荒々しいようです。
赤岳は、長野県茅野市・諏訪郡富士見町・南佐久郡)南牧村・山梨県北巨摩郡高根町(清里のあると町)・大泉村(八ヶ岳倶楽部の所在地)の境にあります。
膝を痛めるまではいつか登ってみたい山の一つでした。
雄大な景色を眺めていると、ちっぽけな自分が恥ずかしいようで、もっともっと心を大きく持たなければと言う想いにさせられます。

画像

大きなお尻でごめんなさい・・・レイジーも遠くを眺めて何を思ったでしょうか?

画像

県立牧場公園からの眺めは絶景です。八ヶ岳連邦のなだらかな斜面は、のどかな牧場が広がり、老若男女みんなが楽しめるところです。南眼前に見える山々は、南アルプス、金峰山、瑞がき山、右手には富士山が見えるはず・・・しかし、雲でかすんであいにく富士山は眺める事はできませんでした。思わずヤッホー(古いね)と叫びたくなります。

画像

小海線、高原の駅JR清里駅です。ユリが咲いていました。
車で移動なのですが、清里総合観光案内所が駅前にあるので駅舎を写しました。
ワンコ達も、自由に遊ばせたいと、娘達は、ドッグラン探しです。事前に調べて来たのですが、
見付かりませ。
案内所で清里情報誌「I  LOVE YATSUGATAKE」をもらってまずは、清里観光のため、一時、「ペットリゾート清里」で預かってもらう事にしました。
ウルは、kei(三女)から離れるのが嫌とだだをこねましたが、レイジーはさっさとレイネエ(次女)の手を離れて犬舎へ。清里は、愛犬と一緒にお買い物お食事OKのお店がたくさんありました。
駅前の地元の酒屋さんで、ワインとお土産用の地元で取れたモロッコインゲンと白菜を買いました。

画像

ボタンヅル(牡丹蔓)キンポウゲ科 「萌木の村」の駐車場の隅に咲いていました。パッと見は、センニンソウかと想いましたが葉の形が違う事と、花弁も少し幅広です。可愛い花が蔓になって咲いています。キンポウゲ科のクレマチスと親戚かな?

画像

「ホール・オブ・ホールズ」アンティークオルゴールの博物館です。

画像

ショッピング館の白い壁にかけてあったベゴニア。八ヶ岳倶楽部でもハンギングにしてありました。ここで地ビール「タッチダウンビール」とパッチワークで使うピンクの飾りボタン、カワセミのピンブローチを買いました。

画像

2時間の観光を終え、ワンコ達をドッグランへ。いつもと勝手が違うと、ウルもレイジーも少し警戒気味。そのうち慣れて他のワンコとも遊んでいました。カラマツの木陰のドッグランでしばしゆっくりと休憩です。

画像

夕方4時にドッグランを後に帰途につきました。都内に入る頃には、日も暮れ、帰りは湾岸まわりで、夜景を楽しみながら戻って来ました。高速道路を走る車の中から何枚か東京タワーを写したのですがシャッターチャンスがつかめなくて、何とか見れるのはこれ一枚だけでした。
夜8時に無事家に到着、
この次は、ぜったい泊まりで行こうと娘達と話しました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八ヶ岳・赤岳@
八ヶ岳・赤岳 長野県・山梨県県境日本百名山の一つで、その山容は、夏沢鉱泉と本沢温泉を結ぶ夏沢峠を境界として、北八ヶ岳と南八ヶ岳に大きく分けられる。南八ヶ岳は、主峰の赤岳をはじめ、横岳・硫黄岳・阿弥陀岳の鋭い峰々や、横岳西面の大同心・小同心に代表される岩峰 ...続きを見る
山旅コンシェルジュブログ
2006/08/07 17:52

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ボタンヅルってお花、初めて見ました。
とてもきれいですね。
八ヶ岳倶楽部から清里まで、盛りだくさんの観光で日帰りできるとはうらやましいです。
お嬢さんやワンちゃん達と、いい気分転換ができましたね。
メインはワンちゃんのドッグランだったのかな?
ショッピングも楽しそうでしたね。
だいたい何時間くらいで八ヶ岳倶楽部まで行けるのですか?
みー
URL
2006/08/07 00:09
みーさんへ
今回は、娘達がそれぞれ、運転をしてくれたので、楽でした。
センニンソウは里の近くでも比較的見られる花ですが、ボタンヅルは私も始めて見たような・・・
ショッピングは、地元の商店や、スーパーで観光者向けではない掘り出し物があるので、必ず立ち寄る事にしています。
今回は、途中事故渋滞に引っかかり3時間半でした。それがなければ、3時間弱で行けるのではないでしょうか。(自宅から首都高を抜け、各高速道路起点までは約1時間です)
秋もすばらしいのでまた行きたいですね。
いつも書き込みありがとうございます。
あおいとり
2006/08/07 05:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八ヶ岳高原ラインから清里へ あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる