あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のお気に入り(花ホタルと香りのパンジー)

<<   作成日時 : 2012/04/03 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年寄せ植えに使った花ホタルを今年はブルーアイスの植えてある土手側の花壇に3株植えました。
ブルーアイスの根が張りこの花壇に植えてあるバラは育ちが悪く、花が少ないのが残念です。

画像

今年のテーマカラー黄色の小さなぽんぽんが可愛い花ホタル気に入っています。
ハナホタル(コツラ )科名・分類 キク科  秋まき一年草・常緑多年草  南アフリカ原産
✿大きさ 背丈10〜30cm  横幅15〜30cm
花期・・・5〜8月( 開花苗を購入したので今咲いています)
コツラの特徴 店頭では「ハッピーレモン」や「花ホタル」の名前でバルバータ(C.barbata)がよく出回っています
クッションのようにふさふさに茂った葉から、上が平らなポンポンのような黄花をたくさん咲かせます
花は鮮やかな黄色で、花茎も立ち上がるので最盛期はよく目立ちます
葉は切れ込みのある細長い形で、株は横に広がります
銀葉で多年草のヒスピダ(C.hispida)もありますが、お店ではあまり見かけません
繊細な見た目どおり高温多湿が苦手です
難易度 :高温多湿と移植にやや弱い
日照 :日当たりのよい場所を好みます
水 :ジメジメした環境は苦手です
耐寒性 :関東地方では問題ありません
✿コツラの育て方と管理
日当たりと水はけのよい場所が適地で、それ以外では上手く育ちません
用土は腐葉土と砂などを多めに混ぜて肥沃でやや乾きやすいものにします
高温多湿が苦手で梅雨時期に弱りやすいので、暖地ではなるべく雨を避けられる場所におきます
鉢植えの場合は底が浅めの水抜けのよい鉢を使うとよいでしょう
移植が苦手なので定植時は根鉢を崩さないように注意します
管理・・・ 花がらは摘み取ります
肥料は緩効性肥料を控えめに与えます。薄い液肥を与えてもよいでしょう
病害虫 過湿による立ち枯れに注意。害虫には悩まされません
冷涼な地域では、庭植えも可能で前景にピッタリの花です
暖地ではやや育てづらいですが、条件を整えてあげれば寄せ植えでも活躍できます
上手に育てるとボリュームが出てメインにも使えます

今年は開花の遅い水仙のスノードロップも花茎が伸びて開花し始めました。花壇に増えているヒメラナンキュラスは開花が遅くなりそうです。

もう一つお気に入りの花、這性で香りのあるパンジー、花梨の枝につるした鉢に植えています。
ようやく花が増えて香りも強くなってきました。

画像


午後から暴風雨になるとの天気予報通りに、強い南風風の郷号という音が家の中にいても聞こえてきます。
先週の強風でもバラの芽がかなり傷んでしまいましたが、また取れてしまうだろうな〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
最近のお気に入り(花ホタルと香りのパンジー) あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる