あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3日、沖ノ島へ

<<   作成日時 : 2011/01/04 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

館山にある無人島、沖ノ島に行ってきました。
演習林職員のNさんから話を聞いていて、行ってみたいと思っていました。
縄文時代の遺跡が砂に埋まっているとか、サンゴの北限とかいろいろな情報を耳に・・・

画像

館山道、途中では富士も見えていたのですが・・・
館山湾につくころには、あいにくの曇り空になってしまい、だけど、風はなく穏やかです。
近くには、東京海洋大学(前水産大学)や海技学校などがあります。

砂浜で陸続きになっている沖ノ島へは、海上自衛隊館山航空基地脇の海沿いの道路を進み駐車して、徒歩で島に渡ります。

入り口の案内図、右回りで行くことにしました。

画像

周囲1km海岸沿いを歩くことにしました。
ヤブニッケイ、オオバグミの木やツルオオバマサキ、トベラの赤い実が目につきます。

花は終わりかけていますが、イソギクの群生、タデ科のツルソバ?の群生など、花も見られます。

画像


画像

砂浜にハコフグが打ち上げられていたり、貝殻ばかりでできた浜があったり・・・

画像


磯釣りをしている人も多く、今度は釣りをしに来たいねと話しながら歩いて行くと、磯が行き止まりになっていて、島の中の遊歩道を歩いて海に出ると、洞窟が・・・

探検気分で海側に抜けてみる、ワクワク、ドキドキ・・・

画像

トンネルを抜けると・・・そこは磯、海の透明度が高い!!

海側からの画像です
画像

何に使った洞窟なんだろう、途中見張り窓のようなのがありました。

画像

日当たりのよい岩陰にセダムの仲間が・・・

画像


海岸へは降りられず遊歩道を歩いて行くと、大きなタブの木があり

画像


タブの木の下には、小さな神社があり、おじいさんが掃き掃除をしていました
下に降りられるようなので階段を下りていくと、磯の遊歩道へと続いていました

ハマボッスの群生が続いて
画像


岩の間に根をおろして紅葉がきれいでした

画像

ハマヒルガオやハマダイコンも春を待っています

画像


島の入り口の砂浜に続きます。
これで一周ゆっくり歩いて約40分の探検でした。

子供のころから磯遊びをしていたこともあって、故郷に戻ってきたような懐かしさがこみ上げてきます。
新婚のころはまだ故郷の下関にいて、海から歩いて10分とかからないところに住んでいたんですよ〜

海はいいね〜

そのあと海沿いの道を千倉へ、丸山町を抜けて帰途につきました。
今回はお花畑では、おりませんでした。

レイジーとウルも一緒でしたよ〜

画像

レイジーは、運転席が好き!

画像

ウルは昨秋、指先の扁平上皮がんで手術し、しばらく家の中で療養していました。
それでもちっとも病人(犬)らしくなく、超元気でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
<館山にある無人島、沖ノ島>への砂浜は満潮の時でも沈まないのでしょうか?
こんな無人島があると楽しそうですね〜!
洞窟は外から見える地層が、洞窟内にも模様となっているんですね!?
ウルちゃん、手術後とは思えないほど、”イカシタおじさま”という雰囲気ですねー!
宮星
2011/01/05 00:20
宮星さんへ
砂は乾いていたので、海には沈まないのではないでしょうか?関東大震災以前は、陸地から500mほど離れていたそうです。
季節を換えてまた遊びに行きたい楽しいところです。

飼い主の3女が車を離れたので、行き先をじっと見て帰りを待っているところです。ウルって男っぽい名前だけど、女の子なんですよ〜。
あおいとり
2011/01/06 17:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3日、沖ノ島へ あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる