あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アマリリス レティキュラータムが、ようやく咲きました

<<   作成日時 : 2008/09/07 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年8月末に植え付け、その後11月半ばにつぼみが上がってきたアマリリス・レティキュラータム、その後気温が下がってきたので、家の中に取り込み日当たりのよい窓辺に置いたものの、結局蕾からダメになり、花茎が萎れ葉も枯れてきました。お正月前には球根だけになりほとんど水も与えずにそのままの場所で今年春を迎えました。今年3月末に戸外に出し管理、他の球根類と一緒に葉も出始め、花芽ができるのを楽しみにしてきました。
花期が、9〜10月、3〜4月とあったので、春に期待していたのですが、一向に花芽のできる様子は無く、8月末に花茎がようやく上がってきました。


画像
8/30撮影 ラベルに書かれてあるように、9〜10月が最初に書かれてあるので、この時期に咲くことが一般的で、ヒガンバナ科アマリリス属とあるように、秋分の日頃に咲くヒガンバナによ近いタイプなのかもしれません。

画像
9/1撮影 花茎がどんどん伸びてきました。

画像
9/4撮影 蕾が出てきました、どんな花が咲くんだろう・・・ワクワク

画像
9/5撮影 更に茎が伸びてきました。

画像
9/5撮影 蕾が3つ確認できます

画像
真ん中に白い縞が入る葉だけでも観賞価値があります。球根は分球して、小さな葉も覗いています。

画像
9/6撮影 待ちに待った開花です

画像
9/6撮影 よーく見ると花は全部で4つです

画像
9/7撮影 二つ目の開花が始まりました
アマリリス レティキュラータム(ヒガンバナ科アマリリス属)●原産地南アフリカ●植え時5〜8月●開花期9〜10月、3〜4月(不定期) ●楽しみ方・・・鉢植え、花壇、切花

栽 培
【生育場所】日向・半日陰・5℃以上
【花壇植え(露地植え)】
植え付け間隔 20〜25cm
植え付け深さ 球根の頭が2〜3cm出るくらい
30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰を施して植えつけます。
【鉢植え・プランター植え】
8号鉢に3球
プランター(65cm)に6球
培養土に腐葉土などの有機質を良く混ぜ、球根の頭が2〜3cm出るぐらいに植えつけます。
【水やり・追肥】
土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。追肥として3週間に一回薄い液肥を施します。
【堀り上げと貯蔵】
関東以西のあたたかい地方では、必要のない限り掘り上げず、4〜5年植えっぱなしにします。また、関東以北の寒い地方は、葉が黄変してきたら掘り上げてピートモス等に入れ5℃以上で保存します。


昨年大型の八重咲きアマリリスの栽培(他の植物と寄せ植え)に失敗して、球根を腐らせてしまい、また昨年12月には気温が下がりすぎ、開花失敗しているので、今回の開花は本当に嬉しいものでした。
8号鉢に3球植えで、そのうちの一球に花が咲きました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アマリリス レティキュラータムの観察日記?を楽しく読ませてもらいました。やはり自分で栽培されている方は、それぞれに思い入れがあるんだなあと思いました。私のように単に"撮る人"だと、瞬間瞬間にだけ気持が入ってしまい、ここまでストーリー化できません。
アルバトロス
URL
2008/09/07 17:54
アルバトロスさんへ
ホント、観察日記ですね〜。
撮る人は撮る人の視点で撮るので別の表現ができると思います。(美の探究?)
どんな小さな命でも全てにストーリーがありますね。それを思うと、そんなでもないものまで、美しく感じることがあります。
あおいとり
2008/09/08 09:15
アマリリス レティキュラータムが、ようやく咲きました あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる