あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 開花を待つ蕾たち&ERの大苗

<<   作成日時 : 2007/11/24 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日早朝、旅行に出かける娘を駅まで送りました。
霜が降りるまでにはいたらないけれど、フロントガラスの端っこにシャーベット状になったものがついていました。聞くとあられが降ったところがあるようでかなりの冷え込みにだったようです。今季初めてストーブをつけました。

今日は快晴、昨日より暖かい。
朝陽を受けて、少しずつ、名残の薔薇の蕾が開いていきます。
それでこんな短歌ができました。
おはずかしいのですが、載せておきましょう。

   秋深し 我が庭薔薇の 愛しさや  蕾待ちたり 花開くとき

レッド・モンテローザ
画像


クィーン・エリザベス
画像


アブラハム・ダービー
画像


ウィンチェスター・キャシドラル
画像


蕾たち、寒さに負けず、ガンバレ!!

***********************************************************************
千葉演習林秋の一般公開、初日は、1080人のお客様が見えました。
11/23の黒滝付近の紅葉の様子です。

画像


画像

公開前の様子
ボランティアのメンバーは受付でガイドブック販売、マナー指導の巡回などをします。
冷え込みがきつく、ホッカイロを貼り付けて一日頑張りました。

***********************************************************************

帰り道、前日夜に、薔薇専門店袖ヶ浦の「プランツ」さんから連絡があり、注文していたイングリッシュローズ「グラハム・トーマス」の苗を受け取ってきました。

画像

グラハム・トーマス(S)1983年作出、育てやすいERの名花といわれている。
ヤマブキ色の深いカップ咲き。5〜8輪の房咲きになり、爽やかで強いティー系の香りがある。耐病性があり、日照不足、半日陰でも生育がよい強健種、年数をかけて大株に育て夏剪定で枝先を切り戻すとよく返り咲く。

今回の大苗は、イギリス直輸入の苗なので、植え方を守って植えてくださいと説明があり、説明書きもいただいてきました。

この夏の台風でアーチが倒れ、それとともに根が浮いててしまったバフ・ビューティーが枯れてしまったので、そのあとに植える予定で、我が家では3つ目のイングリッシュローズです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、あおいとりさんに影響されて小さなミニバラを買いました。
大事に育てようと思っています。
あおいとりさんのようにはいかないので、枯らさないように頑張ります。
もりもり
2007/11/25 21:16
もりもりさんへ
ついに薔薇を買ったんですね。
何色の薔薇を買ったのでしょうか?ベランダで育てるのでしょうか?
ミニバラはベランダ栽培向きです。
頑張って育ててくださいね。
いつもコメントありがとうございます。
あおいとり
2007/11/27 17:03
まだ蕾の花があるんですね。羨ましい..!
演習林の一般公開って、何を見ることができるのですか?それにしても、1日で千人以上の人が見学されるなんて、すごいですね。
アルバトロス
URL
2007/11/28 19:23
アルバトロスさんへ
薔薇の蕾、咲ききらないで、剪定してしまわなければならないのもあると思います。夏の花ブルンバゴ(ルリマツリ)はまだ咲き続けていますよ。

演習林の一般公開は、猪川の渓流沿いの紅葉、貴重な動植物、などが見られるのですが、木々の名前や演習林での研究内容などのパネルでの展示や、実際に森林で研究を行っている学生さんの現地での説明なども聞くことができます。千葉県森林インストラクターのメンバー、NPO法人野生生物調査会のガイド、私達ボランティア会のメンバーも皆さんに演習林についての質問にお答えしています。一年を通して、新緑の春と紅葉の秋の数日間、一部の開放とあって、この日を待ち望んでいる方々は毎年のように見えています。バスツアーでこられる方が年々増えているようです。
あおいとり
2007/11/28 21:44
開花を待つ蕾たち&ERの大苗 あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる