あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 千日紅の種取しようと・・・(11/17追記あり)

<<   作成日時 : 2007/11/15 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今日も、穏やかな一日でした。
朝すずめがずいぶん騒いでいるので、見ると、橋の上に並べている千日紅のプランターからたくさんのスズメが飛び立ちました。写真を撮る暇もありません。
アッ、犯人はスズメだったのか〜

千日紅は好きで毎年庭に植えています。今年は種まきでずいぶん育って、素焼きのプランター4つに16株、あと庭にも地植えで数株植えています。
数日前から種が実った部分がかなり落ちているのでおかしいナとは思っていたんです。

画像

花穂の下の方がむしりとられています。

画像

たくさんのプランターの周りに散らかしています。なんだかよく見るとそろそろ種取にいいころかな〜と思うものから先にむしりとられているんです。
ア〜そうだったのか・・・スズメはこの種が好きみたいです。

画像

一つの花穂からたくさんの種が取れそうなので、ドライフラワーにもそろそろ切り取ろうと思っていたけれど、中止にしま〜す。ほんの少しの花穂だけとって残りは鳥達に分けてあげましょう。

ヒユ科植物について

観賞用に栽培するものとして、ケイトウ(鶏頭)、ハゲイトウ(葉鶏頭)、センニチコウ(千日紅)などがある。

一部のものは食用にされ、ヒモゲイトウ(センニンコク[仙人穀]、属名アマランサスでも呼ばれる)は南米で穀物として利用され、日本でもわずかに栽培された。ハゲイトウに近縁なヒユなどは野菜として利用され、よく似たイヌビユ、ハリビユなどは雑草としてよく見られる。
草むらなどに入って服などによくくっつくイノコズチもこの仲間です。

そういえばげこさんちの庭にもありました。

明日は、一般公開のためのクラフト作りで演習林に出かけてきます。
木の実のストラップの試作品を作ってみました。

画像

喜んでもらえるかしら・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あおいとりさんの庭も、季節には勝てず、だんだんと寂しくなってきているようですね。それにしても今回はクラフトですか?お料理といい、パッチワークといい、本当にいろいろ器用にこなされるのですね。
アルバトロス
URL
2007/11/15 19:25
スズメはそんなものまで食べるのですか。びっくりです。
だって千日紅の種ってだいぶ小さいのでは?
優しいですね〜、あおいとりさん。
スズメのお宿にご招待してもらえるかも。
あ、ワタシなら、欲張り婆さんだから大きいツズラを所望しますよ。(笑)

素敵なクラフト作品ですね。
秋の雰囲気タップリ!!
きっとみなさんに喜ばれますよ。
おばちゃん
URL
2007/11/15 19:54
木の実のストラップかわいい。
私も千日紅大好きです。
種とりまでされるんですね。可憐な花で丈夫なのでこんな私でも育てられます。
すずめがたべるんですね、驚きました。
もりもり
2007/11/15 21:11
ストラップかわいい〜!きっと喜んでもらえると思いますよ。ストラップの一番上はなんの実ですか?
この時期に亀山湖に行くとドングリがたくさんなっていますね。一度、落下の瞬間を見ましたが、水に沈むんですよ。どんぐりころころの歌的には、なんとなく流されるのかなと思っていました(ドングリコロコロ「ドンブリコ」)。どじょうが出てきてコンニチハってところから、どじょうも池の底にいる魚なので、水面より底でドングリとどじょうはコンニチハしたのかもしれません。なーんてね(笑)。
Bee
2007/11/16 17:55
アルバトロスさんへ
天気予報どおり、昨日から一気に気温が下がって寒くなって来ました。
バラも蕾があるもののかたくなかなか大きくなりません。アルバトロスさんの散歩道でも来年春までは花がグ〜ンと少なくなり寂しくなりますが、お散歩は身体もポカポカあったまるので、私も時間を見つけて歩こうと思っています。
あおいとり
2007/11/17 08:46
おばちゃんさんへ
しらべてみると(追記)、ヒユ科の植物は食用になるものがあることがわかり、ア〜そうか、人はその昔、動物や小鳥などが食べているものを見て、自分達も食べられるかもしれないと、口にしたのかも・・・と思いました。
おばちゃんと同じで私も大きい方のつづらを欲しがるかも・・・
スズメのお宿の話を聴いたときなんて意地悪なばあさんがいるものかと、怒りましたよ〜。保育園の頃紙芝居見たのが始めてだったかも・・・
今紙芝居なんてあるのかしらね?
スズメが舐めたのりですがね、スズメが舐めたのりはどんなかと私も工作用のりを舐めたことがあるんですよ〜。まずかった!!よくこんなの舐めるねと思ったものですが、昔はのりといえば母親が着物の洗い張りをするのにご飯の残りをよくお湯で溶かし練って使っていたのを思い出しそれならスズメも舐めるだろうと納得したものでした。むか〜し昔の懐かしいことを思い出させてくれました。おばちゃんありがとう!!
あおいとり
2007/11/17 09:19
もりもりさんへ
ストラップ褒めてくれてありがとう!!
もりもりさんも、育てたお花なども写真とってUPしてくださいね。
チューリップ楽しみにしてますよ〜。
あおいとり
2007/11/17 09:27
Beeさんへ
うわ〜、なんて釣り好きなBeeさんらしい童謡の解説!!さすが〜!!
どんぐりって、落ちたばかりの頃は、水分を多く含んでいるので重いんですよ。それが時間たつと水分が抜けて実と殻のあいだに隙間ができ、水にも浮くんですよ。それと虫が中にいたりすると浮きますね。
ここでも母のしていたことを思い出しました。
母の田舎から、季節になると祖母がいろんなものを送ってくれて、小豆や他の豆などを煮るときに母は水に浮かんだ豆を取り除いていました。なぜそうするの?と尋ねたときがあり、虫食いをよけているんだと知りました。これも懐かしい話です。
ストラップですが、これは8日演習林での素材集めのときに森で拾って来たものなんでよ。一番上はムクロジ(羽根つきの羽の下にくっついている黒い玉)、真ん中は山桜の枝、下はアカガシのどんぐりです
あおいとり
2007/11/17 09:45
千日紅の種取しようと・・・(11/17追記あり) あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる