あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 増やしたいクリスマス・ホーリー

<<   作成日時 : 2007/09/14 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

秋の花が咲き始め、朝晩過ごしやすくなってきました。
晴れて窓から吹き込んでくる風も爽やかです。

去年庭に植え宿根した斑入りフジバカマ、去年よりも野生種に近い姿になって咲き始めました。

画像


夏の花というイメージが強い千日紅、晩秋まで咲き続けます。

画像

平鉢の苗が育ってきたので、プランターに植え替えました。

今年はアスバラガス・スプレンゲリーの実がたわわに実って、これから赤く熟してきます。
種まき、挿し穂でよく育ちます。

画像


画像

クリスマスホーリーは目立たないグリーンの花がたくさん咲いたと思ったら、こんなにたくさんの実がなりました。クリスマスの頃赤くなります。また小鳥の餌になるのですがヒヨドリは赤くなるといち早く見つけて食べにきます。何度か種をまいてみたけれど発芽せず、挿し木もまだ成功していません。増やしてげこさん「雨のち晴れの庭造り」に差し上げたいと思っているのですが・・・
植物は本当に不思議だと思います。簡単に発芽、挿し木でつくもの、種が山火事にあって始めて発芽するもの、小鳥の餌になり糞に排出されて地面に落ちて初めて発芽するもの、さまざまです。
それでちょっと調べてみたところ、私が育てているこれはクリスマス・ホーリーとの名で買いましたが正式には、中国原産のヒイラギモチなのでは?流通名はクリスマスホーリーでも、本当のは、セイヨウヒイラギがクリスマス・ホーリーだということがわかりました。
ではヒイラギモチの増やし方はというと、種まきか挿し木とありましたので、もう一度、あきらめないで、挑戦してみましょう。

画像

ポールズ・ヒマラヤンムスクのトレリスに一緒に絡ませているツルムラサキに目立たないけれどこんなに小さな花が咲いています。小さいものって写すの難しいですね〜。ボケボケです〜。

画像

足元に置いた鉢植えのオキザリス・レグネリー 'トリアングラリス’(カタバミ科) は一年に何度も花を咲かせます。紫の葉と優しい花色がステキです。この夏はさび病にかかっていました。多湿を嫌うようです。

画像

捨てられていた枝を拾って幾つかに切り挿し木でついたマザーズデイ涼しくなり花色が濃くなってきました。

昨日、イングリッシュローズのアブラハム・ダービーとウインチェスター・キャシードラルを剪定しました。

画像

細い枝がしなってうつむいて咲くアブラハム・ダービー、撮影後、切り取りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵なお花達の写真をありがとう。
木の実が豊作な年は、とかく冬が厳しくなりがち(ホント?)だから、野鳥には厳しい冬になるかも。2回前の冬は、木の実はなったけれど、野鳥が河原の木の実を食べにこなかったんですよね。今もって良く分らない(謎)。
廣瀬_敏之
2007/09/14 15:24
フジバカマがおうちにあるのですか?
フジバカマを植えられるようなお庭でうらやましいなぁ・・・。
たくさん咲いたら綺麗でしょうね。
センニチコウ、たくさん咲いてかわいらしいですね。
アスパラガスの実がたくさん生ってすごいです。
全部赤くなったら素敵でしょうね。

クリスマスホーリー(改めヒイラギモチ?)も実がたわわですね。
これ、赤くなったら鳥に食べられちゃうのですか?
もったいないですね。

小さいお花は、ほんとに写すのむつかしいですよね。
わたしのカメラも(腕も?)苦手です(^^;)
みー
URL
2007/09/14 23:18
広瀬 敏之さんへ
ようこそおいでくださいました。またコメントありがとうございます。
>木の実が豊作な年は、とかく冬が厳しくなりがち(ホント?)だから、野鳥には厳しい冬になるかも。
そうなんですか?冬が厳しくなる・・植物は、命に危険を感じると子孫を多く残そうとたくさんの種をつけると聞いたことがありますが、納得できる話ですよね。
>野鳥が河原の木の実を食べにこなかったんですよね。
木の実がたくさんなったということは、自分のテリトリーの中で食料が足りていればそこから出て他のところのを食べなくてもよかったのではないでしょうか。河原の木ってエノキですか?
あおいとり
2007/09/15 08:26
みーさんへ
クリスマスホーリーは、確実に実をつける植物ですね。今年は特に多いです。鉢植えなので鳥に食べられないように家の中に入れることもできるのですが、食べに来る鳥を見るのも私は大好きなので、そのままにしています。
千日紅は、種まきで育てたものです。種まきは面倒でたくさん増えすぎてしまうのですが。苗が育ったら近所の方に配ればいいし、種から同じ環境で育つので、生育はポット苗を買うよりいいみたいです。ポット苗は、販売店に長く置かれていることも多々あるので、回転の早いお店で買わないとダメですね。新入荷の苗を足繁く通って、見逃さないのもいい苗を買うコツでしょうか。でもなかなか、そこまでできないです。
あおいとり
2007/09/15 08:37
あおいとりさん、Re:コメントありがとう。
>河原の木ってエノキですか?
エノキでないことは間違いないと思いますが、何かと問われても確信のあるお答えができないヘボ観察家です(笑)。
廣瀬_敏之
2007/09/15 08:47
広瀬敏之さんへ
我が家は用水路の側にあり、この用水路にも、ちょっと離れた大きな川の土手などにも比較的多いのは、エノキで、実のなる頃鳥達で賑わっています。いつもエノキやクスノキを見ると枝振りが木登りに適してるな〜なんて、子供の頃木登りをした頃を懐かしく思い出します。
あおいとり
2007/09/15 08:57
気まぐれな植物って多いですよね。もしかして、一度チルドすると発芽するんじゃないですか?高山植物みたいに。
ここっとさん
URL
2007/09/16 07:57
ここっとさんへ
チルド(0〜5℃)で保存して種まきするんですね?
そういえば、前回種まきしたものは、1月始め鳥に食べられる前に採ったため充分な寒さにあわせることがなかったですね。原産地が中国東北部、朝鮮半島ですから日本より冬の寒さが厳しいところなので、チルドしてまくと成功するかも。冷蔵庫のチルド室で保存して、まいて見ますね。ヒントありがとう!!
あおいとり
2007/09/17 14:06
増やしたいクリスマス・ホーリー あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる