あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新苗から一年目のピエール・ド・ロンサール

<<   作成日時 : 2007/05/16 13:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

 待ちに待ったピエール・ド・ロンサールが開花しました。
ピエール・ド・ロンサールとの始めての出会いは、近くの散歩コースの途中にある郵便局の近所のお庭で咲いているのを見て、ステキなバラと一目惚れしました。。
なんというバラなのかしら、つるバラ(つるや長尺の植物は苦手)だけど庭に植えたいな〜・・・バラには手を出さないつもりでいたのに、バラを育てるきっかけとなったのがこのバラでした。
園芸雑誌には、「世界中で最も愛されているバラ」との紹介もありました。
去年春に新苗で購入し、地植えにしました。新苗の花見たさをぐっと我慢して蕾を摘み取りました。作業の途中で枝先を折ったり蕾を落としたり、失敗を繰り返し、でも順調に育って、50個以上の蕾を開花させ始めました。

画像

庭の中で一番の場所に地植えしました。

画像

開花が進むと全体がピンク色に染まってきます。

画像

開花し始め、頬染め、ちょっぴり恥らっているようです。
ピエール・ド・ロンサール(LCI)一季咲き、1988年フランス
クラシックな花形で人気の高いつるバラ。花色は中心が淡桃色で外に向かって淡くなり、外弁はほとんど白になる。咲き始めは、深いカップ咲きでやがて形のよいクォーター・ロゼット咲きになる。微香性だが花持ちがよく葉は大きく光沢のある革質で、耐病性がある。シュートはまっすぐ伸び、サイドシュートの発生もよい。春にたくさんの花を咲かせるポイントは、冬に枝を水平近くまで曲げること。花が大きく重いのでうつむき加減に咲くため、見上げるような高い、フェンス、壁面、アーチに誘引すると見事。(バラ大百科より)

画像

バラに似合う、デルフィニューム、ジギタリス、ラークスパー、花梨の木にもクレマチスを絡ませているのですが、他の植物に埋もれてしまっています。手前のバラは、アイスバーグ。

画像

買ったときのラベルはドクターラッペルとなっていましたが、H・Fヤングではないかと思います。

画像

左アイスバーグ、右ピエール・ド・ロンサール、どちらとも、病気に強くよく咲かせる優等生です。
つるバラは初めてなので、来年もたくさん咲かせるための管理、剪定作業が少し不安ですが、勉強して頑張りたいと思っています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
よろしくおねがいします。

私の好きな人です↓
http://ganzis.jp/japanese/bl/bl_iframe.php?uid=1fd1be7d1777ab43f0228cd0078294cb&width=320&height=320&movie_volume=50&promotion_id=49
よろしくおねがいします。
2007/05/16 13:09
おお〜!お見事に咲きましたね。ピエールさん。咲き進むとこんなにピンクになるんですね。アイスバーグも元気いっぱい。母にアイスバーグをプレゼントすることにして良かった〜。新苗を送ることにしたので、新苗の育て方をメモに書いて送りました。かわいそう、とかいってたわわに咲かせなければいいのだけれど(笑)。
Bee
URL
2007/05/16 15:22
私も一昨年ついにピエールを買ってしまったんですよ。綺麗ですね〜!!
去年は3個くらいしか咲かなくて、今年は数えてないけど、結構たくさん蕾が付いてます。
一季咲きだからパーっと咲いておしまい!ちょっと寂しいなっと思って買わなかったんだけどね〜。
でも、開花が待ち遠しいです!!
げこ
URL
2007/05/16 18:03
やっぱりいいですね〜ピエールさん♪(笑)私は去年秋に届いたばかりなので、花もまだ見たことがありません。早く見てみたいですね!
あ、ホントだ。ドクターラッペルらしくないですね。う〜ん、ラベルも間違えて欲しくないです。買ったお客さんが詳しくない人だと、これがず〜っとドクターラッペルなんだと思ってしまいそう。。
TAMA
URL
2007/05/16 18:42
よろしくおねがいします。さんへ
ようこそお越しくださいました。
花の話題も少しは書いて欲しかったですね。
あおいとり
2007/05/17 11:51
Beeさんへ
母の日にお母さんへ、バラ苗を贈られたんですね。
お母さん喜ばれたことでしょう。
クリスマスローズを上手に育てていらっしゃるお母さんですからきっとバラも、上手に育てられるに違いありませんね。
あおいとり
2007/05/17 11:55
げこさんへ
私も同じです。どうせ咲かせるなら四季咲きと思っていたので、一季咲きは、惜しいかなという気がしてたのですが、ちょっとした知り合いの方の小さかったピエールが、2〜3年の間に見事な大株に育っていて、今年は豪華絢爛に咲いていました。あまりの豪華さにこれなら一季で十分かとも思いました。
げこさんちのUPも楽しみにしています。
あおいとり
2007/05/17 12:03
TAMAさんへ
TAMAさんもピエールをもってるんですね。成長が早く、花つきもよいので今後が楽しみですね。
花のラベルのつけ間違いって困ります。私も時々やってしまうのですが、ラベルが読みにくいときなんか、はずしてみることがあります。そんなときは、注意して元に戻すようにしていますが、うっかりつけ間違いする方もいるかな〜と思います。生産者さんはつけ間違いすることはないと思うのですが、店頭に並ぶまでの間で、何かの拍子にラベルのつけ間違いが起きているのではないかと思われますね。
あおいとり
2007/05/17 12:15
新苗から一年目のピエール・ド・ロンサール あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる