あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての花 (シャルル・ドゥ・ゴール)

<<   作成日時 : 2007/04/13 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ここ3日間は、好天に恵まれ、朝から正午までめいっぱい庭仕事です。
待ちに待ったバラ、シャルル・ドゥ・ゴールの蕾が開いてきました。
秋の京成バラ園で買った大苗です。

画像

四季咲大輪系(HT) フランス 、 メイアン社 、1974年 、濃いラベンダー色 、半剣弁高芯咲き、花弁数: 35〜40枚 、花径: 10〜13cm 、樹高: 1〜1.2m 、樹形: 横張り性 、強香
ラベンダー色と花型の華やかさが素晴らしく、香りも楽しめる優れた品種です。花つきもよく、丈夫な大株になり、棘が少ない。花名は元フランス大統領の名前。

画像

花のつき方が、写真のように、普通ではなく、寒い時期に蕾ができ、外側の花びらも寒さで痛んでいるので、12日、写真に収めて、木の充実を考えて早々と切り取りました。花径8cm、花弁は24枚でした。8号の素焼き鉢に植えていますが、地植えにしたいと思っています。

画像

昨年秋に買った斑入りのヤマブキ、葉だけではなく、花まで斑入りでした。なんと芸術的なんでしょうか。

画像

アメリカイワナンテンの蕾も時間をかけて開花してきました。小さな花は、馬酔木やドウダンツツジの花に似ています。
1月6日に作った寄せ植えのアメリカイワナンテンです。コンボルブルス・スノーエンジェルには蕾がつき、フキタンポポには葉が出てきました。

コデマリ、モッコウバラも咲き始め、クレマチス、各種バラにも蕾ができ、開花を待っています。
初夏に咲くデルフィニュームにも蕾が上がってきました。
命の躍動の季節、日毎に、植物たちは成長しています。
春ってなんてすばらしいんでしょう!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜、ご無沙汰してました。
やっとこ、普通っぽい生活が送れるようになり、おじゃまします。
ラベンダー色のバラ、いい色ですね。憧れです。
でも、この時期にもう咲くんですね。

斑入りの山吹もおもしろ〜い。
初めて見ました。
山吹の花、大好きなんですが、今年の初めに義母に「ほら、見て〜。スッキリしたでしょう。」と根元から切られてしまい、今年は残念ながら花は望めません。(涙)
新芽がどんどん地中から出てきているので、来年は大丈夫かな。
義母にはチョッキン禁止令を出さなくては。
おばちゃん
URL
2007/04/13 19:26
ドゴール大統領に敬意を表して鑑賞しないといけない薔薇ですネ?(笑)
<1月6日に作った寄せ植えの>背の高い木が<アメリカイワナンテン>ですね? ホントに花が馬酔木にそっくりですね。
ヤマブキと聞くと太田道潅を思い出してしまいますが・・・あれっ?、雨の季節じゃなく今頃だったんでしょうか?
宮星
2007/04/13 20:00
おばちゃんさんへ
義母さんの入院手術大変でしたね。看病するお嫁さんはなお大変だったことでしょう。広い畑で、野菜の苗の植え付け、今が一番忙しい時を、よ〜く頑張って、嫁の鏡エライ!!
バラの葉の病気にイソジンですが、原液のままほんの少しを指で塗りつけるそうです。ヤマブキは丈夫だから剪定して今年花を咲かせない分来年は、たくさんの花が見られるかもしれませんね。
あおいとり
2007/04/15 02:02
宮星さんへ
こんばんわ。森林ボランティアで見た花の写真をUPしていてこんな時間になってしまいました。ヤマブキと大田道灌がすぐに繋がるなんて宮星さんて、博識の高いお方。私もチットは勉強しなくては・・・
15日、本日も演習林です、7時過ぎには出発です。
あおいとり
2007/04/15 02:08
わーお、シャルルドゴール、ステキ〜!紫がこんなにキレイにでるなんて。香りもきっとステキなんでしょうね…。以前、仕事でシャルルドゴール空港(フランス)の写真を扱ったことが合って、なかなか趣のあるステキな空港でした(残念ながら行ってはいないのですが・笑)。今年は鉢で栽培できるイングリッシュローズも物色中。なるべく横張りがないものを探していますが、なかなか見つかりません。フロリバンダの我が家の鉢も、そこそこ横に張ってきて、いよいよ置き場に困ってきました。
上のおばちゃんのカキコ、噴出してしまいました(笑)。誰が、何を大事にしているかって、なかなか伝わりにくいものですね。
Bee
2007/04/16 18:51
Beeさんへ
京成バラ園で見たものは大きさがこの倍ぐらいあり、香りも強く枝も力強く、一目で気に入った凛とした中にも優雅さがあるといった雰囲気のバラでした。パープル系は今のところこれだけですが、このところの雨で黒点病が出てきたので、雨の当たらない場所に移動させました。今朝、開店まもないHCに行ってバラコーナーを覗いて見たところ、ツルでほしかった新苗があり、見るといろいろほしくなり、また今日も我慢のオバンで帰ってきました。バラ病にも困ったものです。
あおいとり
2007/04/17 15:54
イソジンは原液でですか。
原液って結構人間にもきついですよね。
わかりました、いつも黒星病やうどんこ病が出て困っていたので、ためしにやってみますね。
ありがとうございました。
ん〜、薄めて霧吹きで株全体に吹き付けたらチュウレンジバチも避けてくれないかなぁ。(笑)
おばちゃん
URL
2007/04/17 19:45
おばちゃんさんへ
昨日、イソジンを使ったという方のところに行って、きいてみたところ、
ひどいところへ部分的に塗るときは、原液で、株全体を消毒するときは薄めて霧吹きでといっていましたが、何倍に薄めるとかは詳しく話されませんでした。その方も、友人から聞いて試しているとの事でした。
私も実際試してみようとうどん粉病の葉に原液を塗ってみました。様子を見たいと思います。
あおいとり
2007/04/19 09:53
初めての花 (シャルル・ドゥ・ゴール) あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる