あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 土佐水木と日向水木 *森林ボランティア総会

<<   作成日時 : 2007/03/19 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

桜開花予想が発表されてから、本当に寒さがぶり返し、この寒さは今週末にはゆるむようです。暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものですね。

3月16日 第3週目の金曜日で、パッチワーク教室へ。前回、お休みしたぶん、がんばらないとと思い、お弁当持参で午後3時までチクチクと、間でお庭を拝見、クリスマスローズが年々増えていて、花の少ない季節の庭を飾ってくれていました。

画像

トサミズキ(マンサク科) 高知県辺り原産の花木で,桜の花の咲く頃に薄黄色の花をつけます。ヒュウガミズキ(日向水木)と似ていますが,ヒュウガミズキは花の房が短く,一本の木につく花の数が多いようです。

画像

ヒュウガミズキ(マンサク科)の盆栽 1月21日に買ったもの、小さな花が開き始めました。

画像

ヒュウガミズキの花 トサミズキとはしべの色が違います。

画像

種が飛んで育ったクリスマスローズ(美千代先生の庭で)

画像

大株に育った白色のクリスマスローズ(美千代先生のお庭で)
先生はダブルよりもシングルの原種系がお好きだと言うことです。

画像

玄関前のコンテナには、ブルークローバーが今年も咲いていました。

ブルークローバー(マメ科 )常緑匍匐性多年草 、原産地は、 中国〜ヒマラヤ高地、東アフリカ高地 。特徴として、長い匍匐枝が伸びて広がる地を這う姿と葉が3小葉なので、クローバーのよう見えます。そして、花色が青紫なので、日本ではブルークローバーの愛称で流通していますが、英名だとブルーオキザリス(青色のカタバミ)になります。小葉は基部が細くなるくさび形で緑色ですが、茶褐色の半円形の斑紋があり美しい。グランドカバー、ロックガーデンや吊り鉢などに適しています。高温多湿を嫌うが、元々湿り気の多い土壌を好む性質があるので、乾燥させないように注意。耐寒性は強い。繁殖は挿し木、株分け または種まき。

***********************************************************************

3月17、18日 森林ボランティア総会

17日に更新途中で出発時間になってしまい、好天の中演習林へと出発しました。
出かける間際になり、あきさんから「赤飯作ったから取りにおいで」との電話、いつも手作りのお袋の味をいただいています。私の母は4年前に亡くなっているので、あきさんは、千葉のお母さんと言うところでしょうか、80歳を過ぎているのに足腰は達者で、今もやらんかなの心意気は十分なのですが、健康面で少し心配なところもあります。

外は北風が冷たく、走らせる車の中はポカポカ、山間の奥養老清澄ラインは、この辺りでいち早く咲く、マメザクラ(富士山や箱根を中心とした山地に多い野生種。 別名をフジザクラという)
をめでながら、清澄作業所に向かいました。
一日目、3時からの総会開始時刻を過ぎて到着で「おくれてすみませーん」でした。
山田林長の講演を伺い、夜は、懇親会、楽しいひと時を過ごしました。
地酒の利き酒で、いい気持ちになり睡魔に勝てず早めに休みました。

画像


二日目18日は快晴、北風が強く、寒い一日でしたが、演習林を歩くにはもってこいの日和でした。コースは、清澄作業所下のバス停から白岩温泉までバスで移動、千石林道、麻綿原高原、一杯水林道を経て、清澄作業所に戻るコースで約8km、15名で歩きました。

画像

むき出しになっている地層はダイナミックな景観で千石林道の一番の見所です。

画像

森の中を歩いているとこんなものも落ちています。おいしそうな、エビフライ・・・
違うって!!これは、リスがかじったマツボックリの残骸のようです。
本当にエビフライそっくりですよね〜(笑)

画像

コケリンドウ(リンドウ科)草丈3〜10cmの2年草。 茎はよく枝分かれし、根元から出る葉はロゼット状になり、茎につく葉は小さい。 花は花茎が短く、茎頂に淡青紫色の小さな花をつけ、萼裂片は平開し、反り返る。日当たりを好むようです。

画像

ヤマルリソウ(ムラサキ科)多年草草丈7〜20cmの多年草。茎は多数斜上し開出毛が多い。根出葉はロゼット状に広がり、倒披針形で長さ7〜20cm、幅2〜5cm、縁はやや波打つ。茎葉は上部のものほど小さく、基部は茎を抱く。花序は分枝せず、花は総状花序になり、直径約1cm、淡青紫色。花が終わると花柄は垂れ下がる。分果は縁が平滑。
ヤマルリソウは、春の一般公開(4/14,15,21,22)される、猪川林道でもたくさん見られます。
詳しくは、千葉演習林のHPをご覧ください。

毎回ですが、今回も充実した、楽しい活動をさせていただき、演習林職員の皆様、ボランティア会の皆様、ありがとうございました。
19年度の活動もがんばりますよ〜!!

(今回、演習林での写真は携帯画像です。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先生のお宅のクリスマスローズ、お見事!ですね。私も先生と同じ、クリスマスローズに限って言えば、シングルが好きです。冬にうつむいて咲く、というイメージから、ゴージャスよりは、可憐な立ち姿が好きなんですね。株がしっかりと立ち上がっていて、うーん、ほんとにすごい。
ボランティアもお疲れ様でした。エビフライ、ほんとにそう見えますね(笑)。コケリンドウにヤマルリソウ、とてもキレイな花色です。もうちょっとで暖かくなりますね。↓の記事の、買われたER、楽しみです〜。
Bee
2007/03/19 14:07
先日は千葉でもとうとう雪が降ったようですね。
クリスマスローズ、手入れがいいと一株に花がいっぱい咲くんですね。
家のは1輪だけですが・・・(笑)
<ブルークローバー>は普通のクローバーと種類は一緒なんでしょうか?
葉っぱは同じ感じですが、花のイメージは全然違いますね。
うわぁ〜っ、「落石注意」の看板がありそうな急峻な岩壁ですね!(笑)
宮星
2007/03/20 00:44
Beeさんへ
先生のお宅は、山を切り開いたひな壇の一角にあり日当たりは最高です。
土もそこそこ良い土地柄だと思ったのですが、先生は、水はけのよい赤玉土と腐葉土、黒土をトラックで運び入れ、家の建築中から、庭の土作りをしたそうです。いち早く新品種を取り入れ、育てておられます。クリスマスローズもブームになる前から育てていらっしゃいました。パッチワーク教室に出かけるたびに今度はどんな植物がと楽しみなんですよ。
あおいとり
2007/03/20 07:46
宮星さんへ
年数たって株が充実してくると、たくさん花が咲くようです。
ブルークローバーは、オキザリスの仲間らしいです。
落石注意の看板こそありませんが、この林道は、行き止まりになっていて、演習林の職員以外は、通常は立ち入りできないんですよ。何箇所も落石のあとがありました。このあと、林道から脇の歩道に取り付いてからしばらくは危険な箇所が続いて、慎重に歩みを運びました。おかげで今日は少し筋肉痛です。
あおいとり
2007/03/20 07:59
はじめまして。
ブルークローバー、かわいいですね〜。
初めてみて、感動しています!
 先日、近所の線路沿いに、黄色の大きな花のクローバーが
 咲いている姿を発見し、それも感動しましたが。
青い花好きの私には、それ以上です。
それに、森林ボランテァ
私も、子供がもう少し大きくなったら、挑戦してみたいです。
お疲れ様でした。
 
あーぼんかあさん
2007/03/24 00:32
あーぽんかあさんさんへ
おはようございます。ようこそお越しくださいました。
今日は早起きしてしまいました。
黄色の大きな花のクローバーというと、オキザリスの仲間のチリ原産のオキザリス・ロバタか南アフリカ原産のオキザリス・プルプレアではないかと思います。ロバタは家にもありますよ。オキザリスは種類が多いみたいです。
森林ボランティアぜひ挑戦してください。千葉演習林ボランティア会Abiesでは、随時募集していますよ〜。お待ちしています!!
あおいとり
2007/03/24 04:36
土佐水木と日向水木 *森林ボランティア総会 あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる