あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の京成バラ園へ T

<<   作成日時 : 2006/10/12 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

友達二人と春の京成バラ園見学のおりに、秋も来ようねと約束していたので、昨日(10月11日)行ってきました。
画像

朝6:00の朝焼けの西の空 夕焼けは翌日晴天、朝焼けは午後から雨といわれているので
ちょっと心配しながらも支度をして10時前に出発。朝の天気予報は「曇り午後からところにより雨」でした。

画像

友達二人を迎えに行き、お昼のお弁当を仕入れて11時半にバラ園に到着。その頃には気温も上がり、青空に。平日でまだ3分咲きと言うことで、入園者も少なくゆっくり見ることができました。
京成バラ園は10/6 〜11/12の秋のバラ開花中オータムフェアで各種イベントを開催中です。詳しくはHPをご覧ください。

画像

ゲートを入りいつものコース温室へ。ここでは、土日演奏会も開催されます。今年発表された新品種、特に私の気に入ったもの2種、ロイヤルのバラ1種、特に目に付いた温室内の植物をご紹介します。

画像

テコマりアオーレア

画像

メディニラ・ティスマニー 先日のGCで花の付いていない鉢を見ましたが名前がわからないでいたものです。

画像

緋合歓(カリアンドラ・エマルギナタ)葉の形がかなり違います。

二つの温室をつなぐスペースに展示されている新品種、今季は16種類が展示されていました。

画像

しのぶれど (アンティークッタチのバラ) 作出/日本 京成バラ園芸 花色/藤青色 花径/7〜8cm 樹高/1.2m 樹形/半直立性
青みを帯びた淡い藤色の奥ゆかしい花色・花形が奥ゆかしさを感じさせてくれます。花名は平兼盛の和歌のしのぶ恋心をイメージ。しのんでも心の底から溢れ出てしまい人の知るところとなった恋心のように溢れ出る美しさで人の心をつかむバラです。

画像

サンライト ロマンチカ (アンティークッタチのバラ) 作出/フランス メイアン社 花色/明るい黄色 花径/6〜7cm 樹高/0.6〜0.7m 樹形/半横張り性
グリーンを帯びた丸いつぼみが開花につれ、中輪のロゼット咲きになります。1房に6〜8輪の花を咲かせ、株を覆いつくします。黒点病にも耐性がある強健種です。フランスではリヨンにある有名な庭園「テットドール」の名称で販売されています。

画像

奥の温室の入り口に植えられていた名札のない植物 どなたかご存知ないですか?

二つの温室の外にあるロイヤルのバラのコーナーで今季目に付いたバラ

画像


ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ 系統: 四季咲中輪系(FL) 作出国: フランス 作出会社: メイアン 発表年: 2000年 花色: 白〜鮮紅色 花形: 剣弁平咲き 花弁数: 35枚 花径: 10cm 樹高: 0.8〜1.3m 樹形: 半横張り性 芳香の強さ: 微香
白から鮮紅色に変化する花色は大変華やか。樹勢が強く育てやすい。赤と白はモナコ公国の国旗の色であるため、故グレース王妃の夫君であるモナコ公国元首レニエ三世大公の即位50周年記念に捧げられました。
米名「チェリーパフェ」
2000年マドリード国際コンクール銅賞受賞
ローズ・オブ・マドリード受賞、
サベルヌ国際コンクール賞状 
2003年AARS受賞

[ 訂正 ]
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ を プリンセス ドゥ モナコ と紹介してしまいました。
HTハイブリットティーローズとフロリパンダでは咲き方に違いがあり、色もプリンセス ドゥ モナコは縁取りがピンクなので、もう一度写真を見直し気付きました。申し訳ありませんでした。

プリンセス ドゥ モナコのほうは、写真がありませんが次回の時にはしっかり撮影してきます。紹介文だけは掲載しておきます。違いに気付いてよかった、同じものと勘違いするところでした。

プリンセス ドゥ モナコ  四季咲大輪系(HT) 作出国: フランス 作出会社: メイアン 発表年: 1981年 花色: 白色にふちがピンク 花形: 半剣弁高芯咲き 花弁数: 35〜40枚 花径: 12〜15cm 樹高: 1.2m 樹形: 半横張り性 芳香の強さ: 中香
耐病性に優れた気品あふれる人気品種。モナコ公国王妃となった女優の故グレース・ケリーにささげられました。ふくよかな花形と、やわらかな色彩が微妙にマッチしています。
1983年モンツァ世界コンクール金賞受賞 
1984年ジュネーブ世界コンクール金賞受賞

京成バラ園ローズガーデンには、700種7000株のバラが植えられてとても一つ一つじっくり見ていると一日では、到底時間が足りません。混雑していなかったので、途中途中でベンチに腰掛けおしゃべりしながらの楽しい一日でした。

つづく


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私はしのぶれど、が好きですね。なんだか、見ててじんわりとしてきます。
私もバラに挑戦してみようかな。育てやすいバラあったら教えて下さい。
もりもり
2006/10/12 20:15
京成バラ園、すてきなところですね。
下から2番目の名札のなかった植物、おもしろいですね。
真ん中の白いつぶつぶはなんなのでしょうか。

お買物はされたのですか?
つづきにご報告かな?
みー
URL
2006/10/12 22:21
もりもりさんへ
私も、「しのぶれど」が一番気に入りました。行く前にHPの新作紹介の「るる」に期待していましたが、こちらのほうが断然いいと思いました。ブルー系は育てるのが難しいのですが、どうなのでしょうか。和の趣がありしっとりした感じが素敵でした。育てやすいと言えば、クィーンエリザベスは、私の住む近所のバラを植えているお宅の庭には、必ずといっていいほど植えられているバラです。私も挿し木した苗をいただいて地植えにしていますが、本当によく咲き丈夫です。地植えできる場所があればですが、モッコウバラも簡単ですよ。私は、まだまだバラは初心者で、最初は場所もとらない鉢植えのお値段お手ごろなミニバラで、練習のつもりで育て始めました。バラ専門に扱っている園芸店でたずねるのが一番ではないでしょうか?福岡にも「福岡市植物園」ではバラの手入れと管理講座や「かしいかえん」にはバラ園があるようです。
あおいとり
2006/10/13 10:51
みーさんへ
京成バラ園へはここ数年毎年のように行っています。
お友達とも話すのですが、「バラの花を見て、悲しい気持ちになったり怒ったりする人なんていないよね。」と言うぐらい楽しい気分にさせてくれます。一緒に行った二人とも、大病をしているので、心身ともにリラックスでき、よい影響を与えてくれることは間違いないと思います。片道1時間の車中もおしゃべりでストレス解消です。いつも私が運転手で出かけるのですが、皆が喜んでくれることが一番私にとっての喜びなんですよ。

名前のついていなかった植物、本当に変わっていると思います。ヤツデの白い蕾のような感じなのですが、まったくわかりません。
あおいとり
2006/10/13 11:07
プリンセス ドゥ モナコ、開花のタイミングがいい時期に見れましたね。う〜ん、豪華!しのぶれども色は薄紫ですが、なんか和の感じがする、微妙でいい色合い。和室の部屋にも合いそうなお花ですね。つづきも楽しみ〜^^。
Bee
2006/10/13 13:33
Beeさんへ
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ を プリンセス ドゥ モナコ とまちがって紹介してしまいました。詳細は本文を読んでください。訂正しておきました。バラの花の種類の多さに、もっと勉強しなくてはいけないな〜と反省した次第です。本当に奥が深いのですね。また、より美しい花を目指して新品種も作られやすいと言うことなのでしょうか?バラに情熱を傾ける方が世界中に多いわけですよね。
あおいとり
2006/10/13 17:09
秋の京成バラ園へ T あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる