あおいとりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋分の日

<<   作成日時 : 2006/09/23 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今朝のおはよう日本で「吉田拓郎31年ぶりのつま恋熱唱」のタイトルで放送がありました。♪〜僕の髪が、肩まで伸びて〜♪(結婚しようよ)と懐かしい歌声が聞こえてきまして。続けて、南こうせつの歌声も。今日、コンサートが開かれるようです。きっと「神田川」も歌われるんだろうな〜

今日はお彼岸の中日で、秋分の日、暑さ寒さも彼岸までと言われているけれど、すごし易い日が続いてくれるといいな〜。夜がだんだんと長くなるんですね。

画像

タカノハススキも穂をたくさん出して、一緒に写っているのは、バラ科のリンゴかナシどっちだろう・・・食べた後の皮や芯を捨てたのが、芽が出たのです。日当たりがあまりよくないのでヒョロヒョロしているけど、いつか花が咲いてくれるかな〜と期待しているのです。

画像

タカノハススキの穂(イネ科)花の時期なんですね〜オシベが風に揺れてます。

画像

今日は、意を決して土手に下りてみました。パイナップルセージが育って背丈が高くなりました。日陰になっている茎を見ると。アブラムシとアリの巣が共存しています。駆除するべきかせざるべきか・・・

画像

日当たりのいい土手では、白萩が咲いてきました。以前住んでいた所から、鉢にこぼれ種で、今のところにやってきました。以前の白萩とは花付が違います。ところどころ「江戸絞り」のようなピンクの絞りが入る枝も出てきます。実生を繰り返すと先祖がえりするって話し聞いたことがあるけれど・・・大きくなりすぎるので、春から三回、生え際から剪定を繰り返しました。それでも花がつくんです。丈夫なんですね。

画像

酔芙蓉の真下に植えています。いくらか雲が出ていますが、青空は澄んで、風は爽やか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つま恋コンサート・・・ずいぶん懐かしい感じがしますが、今年、久しぶりにまた開催されてんですね。
萩も白があるんですね。 私が萩の花を覚えたのは、平成5年に萩でも有名な秋篠寺に行った時でした。 一つ一つは小さな花ですが、枝垂れた樹形に多過ぎず、少な過ぎず咲く花を見て、いい花だなぁと感じたものです。
ご自慢の酔芙蓉、結構大きい木になっているようですね。
宮星
2006/09/23 21:01
宮星さんへ
今日のつま恋コンサート夜の番組「ブロードキャスター」でも、話題に取り上げられていました。拓郎さんは今年60歳、数年前、肺がんで1/5肺を切除し、術後のリハビリを経て、今回のコンサートで以前と同じように歌えるようになり、かぐや姫も含めて、68曲を歌ったとのレポートがありました。前向きな姿勢は、歌の奥行きをひろげ、いい歌を歌っているなと感じさせました。年を重ねてしか出せない味わい、誰にもあるんですよね。
同じように見えても、萩は種類が多いようです。
酔芙蓉は、好きな花なので、ブログに何度も登場するかもしれません。
毎年かなり切り詰め、それでも花が咲くころには2.5mぐらいになります。
あおいとり
2006/09/24 06:40
秋分の日 あおいとりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる